ランクアッパー

訪問歯科診療なら調布市の、あべ歯科クリニック

since20100226 

訪問歯科診療なら、あべ歯科クリニックにお任せ下さい

訪問歯科診療なら調布市の、あべ歯科クリニックへ
訪問診療とは、障害や高齢で要介護状態になり、歯医者への通院が困難な患者様の所(自宅や介護施設等)へ歯科医師が訪問し、専用の機材を用いて院内同様の診療を行うものです。

あべ歯科クリニックは訪問診療に力を入れています

当クリニックは訪問診療の為に、ポータブルX線機材や内視鏡、歯を削る道具などを用意していますので、基本的に院内診療と同様の治療を行えます。訪問診療先は、患者様のご自宅の他、特別養護老人ホーム・有料老人ホーム・グループホーム・病院など多岐に亘っており、多くの患者様に喜ばれております。

高齢者向けには口腔ケアを重視しています

有病高齢者は肺炎になりやすい為、口の中を綺麗にしなければいけないからです。
但し、口腔ケアだけでは誤嚥性肺炎の予防ができない方たちもいらっしゃいます。
飲み込み(嚥下)が悪い方たちです。飲み込み(嚥下)が悪い方たちは食べ物や細菌を含んだ唾液を気管に送り込んでしまい肺炎のリスクを著しく増大させてしまいます。
そこで、当クリニックでは飲み込みの状態を内視鏡で観察しながら、食形態や姿勢を検討し、摂食嚥下の方針を決定し、誤嚥する確率を少なくする取組みを行っています。

老人福祉施設の皆様へ

老人福祉施設様向けには、経口維持加算を算定する際の嚥下内視鏡検査による診断を行う他、口腔機能維持管理加算のお手伝いも承っております。

IDI 歯科医療情報推進機構

歯科医療情報推進機構 認定歯科医院

あべ歯科クリニックはIDI(歯科医療情報推進機構)より認定歯科医院として認証されました。IDIは、歯科医療機関の機能や提供する歯科医療サービスの質を客観的に審査・認定する第三者評価機関です。

摂食嚥下障害

摂食嚥下とは、食べ物を口の中で飲み込み易い形にし、ノド・食道・胃へと送り込む一連の流れを言います。
この流れが阻害され、食べ物をスムーズに飲み込めなくなることを、嚥下障害と言い、栄養障害や誤嚥性肺炎など命に関わる疾患を引き起こす原因となります。

嚥下障害でよく見られる症状

  • 食べるのが遅くなった
  • 食べ物がつかえる
  • 飲み込みにくい
  • 口の中に食べ物が残る
  • 食事中にむせる、食べこぼす
  • ノドがゴロゴロ鳴る など・・・

このような症状が見られる時は早めにご相談下さい。

嚥下内視鏡検査

鼻から細いカメラを通してノドの奥を直接見る検査です。

訪問歯科診療なら調布市の
医療法人社団プラスアルファ あべ歯科クリニック院長 阿部俊彦(歯学博士)

あべ歯科クリニック
お問合せ電話番号・FAX番号 地図はこちら
ホームページはこちら
東京都調布市布田2-51-6 みこしビル401号
【訪問診療の時間】10:00〜12:00、13:30〜17:00
【訪問診療の定休日】水曜日・日曜日・祝祭日
 ⇒災害(震災・大地震)時の訪問歯科診療対応について